2010年12月03日

ご当地グルメ・美唄やきとり福よしのもつそば


 29.2kmの日本一の直線道路を持つ美唄市(びばい)には隠れたご当地グルメがあります。
 代表的なのが「美唄やきとり」で一押しが「福よし」です。





 この「福よし」で大方の人が食するのが「もつそば」です。
 美唄の焼き鳥は、昔から「もつ」と「せい」しかありません。
 「せい」は、精肉の焼き鳥で「もつ」は、鳥の「キンカン(玉子)」「レバー」「砂肝」「ハツ」そして「玉ねぎ」が一串に刺さったものです。
 この「モツ串」を温かい蕎麦の上に乗せ「もつ」の出汁で作ったそばつゆをかけたのが「もつそば」です。
 この「もつそば」が自宅で食べれるなんて、このパックでは一人前2本づつの「モツ串」が入ります。
 お店のランチで店員さんが「2本」と叫ぶ物ですょ。


美唄やきとり福よしのもつそばを楽天市場で確認する


posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の蕎麦うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

北海道で蕎麦の代表産地の一つが幌加内です

 道北の朱鞠内湖は、人造湖なのですが北海道内でも特に寒冷な地域として有名です。
 特に母子里(もしり)地区では、戦後の国内最低気温となる-41.2℃を記録しています。

 この朱鞠内湖がある幌加内(ほろかない)は、アイヌ語の「ほろかない」から来ており「母川の向きとは逆方向気味に流れる・川」の意味です。

 この幌加内は、北海道のソバ産地の一つで、作付面積・収穫量共に日本一です。





 幌加内の蕎麦・そば粉は、品質の良い蕎麦を生産しており太切りの田舎そばがお勧めです。

 蕎麦を自分で打つ人には幌加内のそば粉は一度打ってみる価値のあるそば粉ですょ。


北海道幌加内のそばを楽天市場で確認する

ラベル:そば 幌加内
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の蕎麦うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

美唄・角屋の袋入りやきそば

 やきそばといえば「宇都宮」や「富士宮」が有名ですが北海道の美唄市(びばい)には変わった焼きそばがあります。

 それが「角谷のやきそば」です。





 この焼きそばを作っている「角屋(かどや)のやきそば」は、昭和45年に誕生したおやつ間隔で食べられるソース焼きそばです。

 もともと美唄の高橋製麺所が「角屋のやきそば」として販売していたものですが食の多様化の中で一時期製造中止していました。

 市民からの「懐かしい味をもう一度」という要望から2006年に復刻しています。

 何といってもユニークなのがソース焼きそばが袋に入っており市民はその袋を開けまるでハンバーガーでも食べるかのように焼きそばをそのまま箸を使わず食べるところにあります。

 昔食べた人は「懐かしい味」と感じるのでしょうが初めて見た人は新しい感覚として好評のようです。

 袋からそのまま食べるところが斬新ですねぇ。


美唄市にある角谷の袋入り焼きそばを楽天市場で確認する

ラベル:やきそば 角屋
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の蕎麦うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

札幌・長命庵の韃靼そば

 北海道で麺と言えば「ラーメン」が連想されますが実は「蕎麦」も生産しています。

 「蕎麦」の中でもちょっと変わり種なのが「韃靼そば」です。





 韃靼そばは、中国の雲南省・四川省の標高2000〜3000m以上の山岳地帯が原産地です。

 韃靼そばは蕎麦の中でもルチンが豊富です。

 ルチンは、フラボノイドの一種で血管を強くする作用があると言われており脳出血の予防になるとも言われています。

 また、抗酸化作用もあるようで、ヒスタミンの遊離を抑える抗アレルギー作用があるとも言われていますが蕎麦アレルギーの方にはNGです。

 私が良く行く札幌「長寿庵」は韃靼そばの名店で幌加内産の蕎麦を使用しているとの事でした。


札幌・長命庵の韃靼そばを楽天市場で確認する

ラベル:長命庵 韃靼そば
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の蕎麦うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

北海道新得町産の寿蕎麦


 北海道は痩せた土地が多いせいか「蕎麦」を各地で作付してそれぞれの地域名を付けて販売しています。

 その中でも、開拓当時からソバを盛んに栽培していたのが十勝・新得のそばです。

 通称「新得そば」と呼ばれているのですが数多くある「新得そば」の中でお正月にぴったりなのがこの「寿蕎麦」(ことぶきそば)です。





 十勝地方の蕎麦は「新得」「鹿追」などが有名です。
 この「寿蕎麦」は、二八そばと呼ばれるもので新得のそば粉が8割、北海道産の小麦粉が2割入った蕎麦です。
 そば粉8割、うどん粉(小麦粉)2割で二八蕎麦となっています。
 落語に良く出る蕎麦のようですね。 

 「寿蕎麦」なんてお正月用に取ってつけたようなネーミングですねぇ。


北海道新得町産の寿蕎麦を楽天市場で確認する




ラベル:寿蕎麦 新得
posted by キヤノネット at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の蕎麦うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

浦臼のトマト入り手延べうどん

 先日、北海道ワインのぶどう生産地として頑張っている浦臼(うらうす)に行ってきました。

 この浦臼では地産地消でトマトの粉末やぶどうの粉末を練りこんだ麺を出しています。

 いろいろありましたが今回は「トマト入り」の手延べうどんを購入しました。





 トマト入りとなっていますがトマトのリコピンの赤はあまり出ておらず言われないとわからないうどんでした。

 でもトマトのリコピンはしっかり練りこまれており、麺自体も腰が強く、つるつるして触感でした。

 我が家では、せっかくトマト入りとのことでパスタ風に仕上げで食べましたがこれがいける味でした。

 サラダうどんもしましたがこちらもOK。
 リコピンは、肌に良いので夏のダメージを回復するのにぴったりですょ。


北海道・浦臼(うらうす)の手延べうどんを楽天市場で確認する


posted by キヤノネット at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の蕎麦うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

昆布・わかめを練りこんだ「知床ざるそば」

 北海道江別に「菊水」(きくすい)という製麺会社があります。

 この「菊水」から変わった蕎麦「知床ざるそば」が販売されています。





 「知床ざるそば」は、更科そば粉に羅臼昆布、羅臼のわかめを練りこんだ「うま味」豊かな蕎麦になっています。

 麺つゆも同封されており、羅臼昆布からだしをとったツユが知床ざるそばにぴったりです。

 我が家では、昔から夏になるとこの「知床ざるそば」が出てきます。

 一度食べると変なざるそばよりも「知床ざるそば」の方が安心して食べれますょ。

 一袋に二人前入っていますので非常に便利です。

 北海道地区限定発売とのことでした。


「知床ざるそば」を楽天市場で確認する


ラベル:知床ざるそば
posted by キヤノネット at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の蕎麦うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

じゃがいもうどん

 北海道では、今がジャガイモの花の季節です。

 白い花は「男爵」ですが紫色の濃い花は「北あかり」の花です。

 「北あかり」は、別名「栗ジャガイモ」と呼ばれるくらいホクホクで甘くなるジャガイモです。





 「北あかり」は、もとは「男爵」系のジャガイモですが男爵いもの約1.5倍ものビタミンCを含有しており健康に良いジャガイモです。

 「男爵薯」より煮くずれしやすいのですが、このジャガイモをうどんにして食べると腰がありまた、ジャガイモの風味もどことなくあるおいしいうどんになります。

 富良野産のじゃがいもを手打ちうどんとして作ったのが「栗じゃがうどん」です。

 我が家では、最初ニセコに行った時「じゃがいもうどん」なるものを購入してざるうどんで食べたのですがこれが忘れられなく、さっそく「栗じゃがうどん」を購入、思った味に満足でした。

 小麦のうどんと違うモチモチした独特の食感とコシがあり、「じゃがいもうどん」もおいしいですょ。


富良野産のじゃがいもを使用した「栗じゃがうどん」を楽天で確認する

posted by キヤノネット at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の蕎麦うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

美瑛のカレーうどん

 みなさん、旭川にある「旭山動物園」に行きましたか?
 私は北海道に住みながらまだ行ったことがありません。
 最近は、「オオカミ館」ができたみたいで考動展示で日本一の動物園ですね。

 でも「旭山動物園」に行ったことがなくても風景写真を撮りに旭川の隣町、美瑛には毎週のように行っています。

 昨年、美瑛の「道の駅 くら」で一休みしていた時、「美瑛のカレーうどん」なるのぼりを見てカレー南蛮うどんでは?と思い試しに食してみました。

 それはなんと、うどん屋さんのカレー南蛮ではなく、少しゆるいカレーを付けて食べるカレー付け麺タイプのカレーうどんで美味でしたよ。




 美瑛駅の付近は「レストランだいまる」や「駅前アンテナショップ 香麦」など数店カレーうどんが食べられる食事処がありますす。

 「道の駅 くら」では、お土産として「美瑛カレーうどん」が販売されており、良く買って帰ります。

 この美瑛のカレーうどんは、美瑛産の「香麦」なる品種の小麦を使用しており、美瑛産の豚肉を使用しており「食の安心・安全」にこだわっています。

 「駅前アンテナショップ 香麦」は、美瑛駅の駅前にあり、「美瑛カレーうどん研究会」が運営するプレハブ造りのお店です。
 冬季期間は閉店ですので注意してください。




美瑛カレーうどんを「楽天市場」で確認できます


posted by キヤノネット at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の蕎麦うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。