2011年09月29日

今年もプルーンのシーズン到来、仁木町のプルーン「サンプルーン」


 先週の土曜日、仁木町に行きフルーツ調達に行ってきました。





 仁木町・中村園に行ったですがお店の人が事故にあったそうで店を開けていないとのこと、断念。
 フルーツパーク仁木にて「キャンベルス」と「サンプルーン」を購入しました。
 「サンプルーン」は、ラグビーボールよりも太った楕円形の実で果皮は濃紫色、大きさは30g程度です。
 仁木で採れるプルーンは、「サンプルーン」「サンタス」「シュガー」「パープルアイ」「スタンレー」「オパール」6種がメインです。
 我が家で好評なのは、「サンプルーン」。
 「サンプルーン」は、表面に白い粉が付き(プルーム)表面にしわが出るころが食べごろなのだとか。
 余市、仁木は秋のフルーツシーズンです。


仁木町のプルーンを楽天市場で確認する
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

今年もやってきました秋の果物の季節、仁木町(にき)のぶどう「キャンベルス」


 いよいよ9月も半ば、今年も秋の果物の季節がやってきました。





 我が家では、秋になると果物の里、仁木町(にき)、余市町(よいち)に買出しに行きます。
 秋の果物の初めは、「プルーン」なのですがハウスものの「キャンベルス」を入手しました。
 我が家では、4Kgのキャンベルスを1週間で消費してしまいます。
 安心して食べられる仁木・余市のぶどうを買いまくる季節到来です。


仁木町(にき)のぶどう「キャンベルス」を楽天市場で確認する

posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

プルーンの大粒の果肉が入っている、仁木・コロポックルの里からの「プルーンジャム」


 先日、フルーツの里仁木町に秋の果物のでき具合を見に行ってきました。
 お目当てのフルーツはまだ少し先の様なので「コロポックルの里から」の「プルーンジャム」を購入しました。





 この「プルーンジャム」、仁木町産の生の果肉を使ったジャムでビート糖を使い甘さ控え目になっています。
 ゲル化剤やペクチンといった添加物を使っていないとのこと。
 「コロポックルの里から」の商品は、仁木町の「サンユー農産」が作っているのだそうです。


コロポックルの里からの「プルーンジャム」を楽天市場で確認する

posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

北海道内で生産第2位?、生産量の多い富良野の「北の峯すいか」


 北海道は、短い夏なのですがスイカが各地で作られています。
 一番流通が多いのが共和町の「らいでん西瓜」、次に多いのが富良野の「北の峯すいか」と言われています。





 我が家でもこの「北の峯すいか」を2つもらいました。
 スイカは冷たい方が美味しいのですが我が家の冷蔵にはスイカが2つも入らず。
 「まね食べるときは切ってたべるから」と言ってスイカを食べるときの様に普通に切り、皮を取って果肉だけにして30センチくらいのタッパウェア4つに入れて何とか冷蔵庫に入れました。
 スイカを半分に切って冷蔵庫に入れておいてもなかなかはけないのですが果肉だけにして冷蔵庫に入れておくとどういうわけかあっという間に1つ、また1つと空いてゆきます。
 不思議ですねぇ。
 スイカを貰って困っている方、切って果肉にして冷蔵庫に入れておくと知らないうちに無くなってしまうかも。
 我が家では今年4つ目のスイカが冷蔵庫に入っています。もちろん果肉の状態で。


富良野の「北の峯すいか」を楽天市場で確認する
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

北空知産のラグビーボール状のすいか「マダーボール」


 昨日、北空知の深川市(ふかがわ)に行ってきました。
 そこでこのラグビーボール状のすいか「マダーボール」を入手しました。





 「マダーボール」は、ラグビーボール型小玉スイカで糖度の特に高く平均糖度12度もあります。
 この小玉スイカが便利なのはその大きさと形状で冷蔵庫に楽々入る大きさです。
 冷蔵庫で一晩冷やし冷たさと極上の甘さが同時に味わえるスイカでした。
 我が家の一番人気のスイカです。


北空知の「マダーボール」を楽天市場で確認する

posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

上富良野にある工藤農園のメロン「ルピアレッド」


 先日、今がピークのラベンダーを見に中富良野に行ってきました。
 昼食に上富良野にあるファームレストラン「あぜ道より道」に寄り出てきたところすぐ前に「工藤農園」がありここで「ルピアレッド」を入手しました。





 「ルピアレッド」は、富良野メロンの品種の一つです。
 夕張メロンより果肉が引き締まっていて日持ちするメロンです。
 工藤農園のメロンは、「食べ頃表示付き」で親切メロンです。
 ファームレストラン「あぜ道より道」の隣にある洋菓子店「トアルージュ」は、てっきり「あぜ道より道」の姉妹店だと思っていたのですが工藤農園も一枚かんでいるのだそうです。
 今、富良野はラベンダーとメロンの季節です。


上富良野・工藤農園のメロン「ルピアレッド」を楽天市場で確認する
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

7月7日から出荷が始まった道北・小平町の「アイボリーメロン」


 道北・小平町の地元でしか買えない果物にこの「アイボリーメロン」があります。





 この「アイボリーメロン」を小平町にいる遠い親戚から貰いました。小平町は、道北の西海岸の町です。
 青肉系のメロンで外観はツルンとしたネットが無いメロンです。
 かつては留萌炭田を抱える産炭地で栄えた小平町でしたが今は米、メロンなどを生産している町です。
 「小平アイボリーメロン」は、生産に手間が掛かるため年々生産量が減少しているそうで幻のメロンになりつつあるような。
 小平町農家のアイボリー出荷は7月下旬から本格化し9月まで続くそうです。


小平町の「アイボリーメロン」を楽天市場で確認する
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

超高糖度のすいか、北海道・富良野のすいか「マドンナ」


 先日、富良野に行ったとき初めて「マドンナ」なるスイカを食べました。





 「マドンナスイカ」は、「富良野 完熟 マドンナ」と呼ばれる富良野産のスイカ・ブランドです。
 当麻のでんすけスイカを超える高糖度のスイカで本当に「あまーい」スイカでした。
 なんでも糖度は12度以上あるのだとか。
 1本のツルから1玉に摘果して育てるのだそうで生産効率は悪いのだとか、でもそのおかげで高品質の甘いスイカになるそうです。
 スイカのジューシーでシャリシャリした食感は暑い夏にピッタリですねぇ。


富良野のすいか「マドンナ」を楽天市場で確認する
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

ファーム富田の向かいにある「とみたメロンハウス」の「富良野メロン」


 昨日、ラベンダーを見に中富良野の「ファーム富田」に行ってきました。
 ラベンダーはまだ少し早い様です。
 帰りに駐車場側にある「とみたメロン」でメロンを購入。





 「富良野メロン」は、夕張メロンと同じく「赤肉」系のメロンです。
 果物の甘さに大きくかかわるのは朝晩の寒暖の差だそうでその点富良野地区は、朝は寒く昼は30℃を軽くオーバーしますので甘さは保証付きです。
 「富良野メロン」の品種は「ルピアレッド」「キングルビー」「R113}の3種類です。
 毎年、春から秋にかけ限定でオープンするお店なのですが毎年開店していますので安心なお店の一つです。
 ちなみに「とみたメロン」は「ファーム富田」とは関係の無い会社だそうです。


とみたメロンハウスの「富良野メロン」を楽天市場で確認する
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

早咲きラベンダーが咲く「ふらのワイン」ワイン工場で作られる「ふらのぶどう果汁」は夏の冷たい飲み物にピッタリ


 先日、ふらのワインの「ふらのぶどう果汁」を分けてもらいました。





 この「ふらのぶどう果汁」、ワインと同じく「赤」と「白」があります。
 「赤」は、生食用品種バッファローとワイン用品種セイベル(13053)種から作られた果汁です。
 「白」は、生食用品種ニューナイヤとワイン用品種セイベル(5279)種から作られています。
 無添加・無着色・ストレートジュースですから我が家では、冷やして焼酎で割っています。
 また、ちょっと水で薄めてシャーベットにも良いですょ。
 暑い夏を乗り切りましょう!


ふらのワインの「ふらのぶどう果汁」

posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の果物・果汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。