2011年05月30日

帯広から健康に良いのではと「かしわ茶」


 友人から「健康に良いらしいよ」と「かしわ茶」をもらいました。





 この「かしわ茶」は、の帯広畜産大学と帯広の藤製茶が共同開発したお茶なのだそうです。
 カシワ(柏)は、ブナ科の木で北海道から九州まで幅広く生育しているそうなのですが帯広畜産大学がカテキンやタンニンが沢山含まれていることでお茶を開発したそうです。
 だだ、何に効くかは不明で効果のほども判りません。
 小樽・銭函大浜から石狩市・厚田にかけて石狩湾沿いの石狩砂丘にはカシワによる天然の海岸林があるそうで世界的にも大きい物だとか。


「かしわ茶」を楽天市場で確認する


posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の山の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

今年もやってきました行者にんにくの季節です

 北海道はやっと遅い春を迎えています。

 山は、まだ日陰には残雪が残っていますが大雪山のヒグマも冬眠からめざめたとの新聞記事もありそろそろ山菜シーズンです。

 北海道の山菜の王様は「天然のギョウジャニンニク」です。





 ギョウジャニンニクは、ネギ属の多年草でラッキョウに似た鱗茎があります。

 にんにくよりも強いにんにく臭があり北海道のスーパーでは「ヒトビロ」や「キトビロ」と書かれていますがこれが「ギョウジャニンニク」です。
 
 ギョウジャニンニクは、抗菌作用やビタミンB1活性効果があり血圧の安定、視力の衰えを抑制する効果があると言われています。

 ゴールデンウィーク疲れのおとうさんやお母さんにピッタリ。
 だだ、家族と同居している人はみんなで食べることをお勧めします。


北海道の天然ギョウジャニンニクを楽天市場で確認する

posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の山の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

北海道の春の味ふきのとう

 北海道も温かい日が続き急速に雪解けが進んでいます。
 根雪が消えるのももうすぐですねぇ。

 この季節になると雪の割れ目からふきのとうが顔を出す季節です。





 「ふきのとう」は、蕗(フキ)の花芽でつぼみを取って食べます。 
 開くと苦みが強くなり食べられません。

 つぼみの状態では山菜独特の程良い苦みが体をれいにさせてくれる様な感覚ににります。

 我が家では、定番の天ぷらか酢味噌和えで食べます。
 調理は、半分に切ってから綺麗に洗います。

 慣れてくると苦みがうま味に変わりますので不思議ですねぇ。
 子どもの頃はこの苦みが嫌でしたが。


北海道の春の味ふきのとうを楽天市場で確認する

タグ:ふきのとう
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の山の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

山わさびを使用したわさびの達人シリーズ

 師走になり、いよいよ年の瀬ですね。

 この時期は、秋に収穫したものやこれから寒中に美味しくなる食べ物が増える時期でもありますね。

 そんな時、北海道では新鮮な野生のホースラディッシュが出てくる時期でもあります。





 普通は、生の山わさびをすりがねで擂って食べるのですがいろいろな食べ物と一緒に食べるときは瓶入りの「山わさび」が便利です。

 この山わさび、本わさびよりも1.5倍も辛みが強く蕎麦の薬味としてもお勧めです。

 我が家では、刺身も寿司、飯寿司に付けて食べています。


山わさびを使用したわさびの達人シリーズを楽天市場で確認する

posted by キヤノネット at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の山の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

ヒグマも食べるクマザサ

 北海道では、ヒグマが笹を食べるので「熊笹」と呼んでいます。
 本当は、「隈笹(くまささ)」が正しい漢字の様です。

 以前、親戚にもらったのですがこの「熊笹」は、お茶として煎じて飲むのですが民間薬としてすぐれている様です。





 熊笹は、「食物繊維」が豊富で「クロロフィル」が悪玉コレステロールを排出する効果があるといわれています。

 食物繊維+クロロフィルですから胃腸に良いみたいで便通が良くなりそうですね。

 また、クロロフィルは、口臭予防にも良いのではと思います。

 以前は、ササ多糖類(バンフォリン)が癌に効くのではといわれていましたがダメなようですね。

 だだ、免疫力が向上するといわれていますので強いからだになる助けになると思いますょ。

 煎じ方は、沸騰したお湯に熊笹を入れて40分から50分煮ます。

 だだ、最近の熊笹茶は、抹茶状態になっていますのでお湯を注ぐだけで簡単に飲めますから便利ですょ。


「熊ざさ茶」を楽天市場で確認する

タグ:クマザサ
posted by キヤノネット at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の山の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

ホースラディッシュ 山わさび

 北海道の山の中には自生しているホースラディッシュがあります。
 どうも明治時代に誰かが持ち込み帰化したのではと言われていますがあまりにもあちらこちらに点在するので不思議に思っています。

 北海道では、通称「山わさび」と呼んでいます。

 北海道の地方を走っていると「山わさびあります」の看板があったりしますがこれは「ホースラディッシュ」のことです。

 一般的には「西洋わさび」と呼ぶこともあります。





 山わさびは、本わさび(沢わさび)と違い北海道の山の中にありますので畑わさびとも呼ばれています。(どこでもある訳ではないのですが沢に自生するわけでは無いようです)

 この山わさび、北海道のスーパーでは根のまま売られています。
 これをおろしがねでおろして食べるのですが少し醤油をたらしアツアツご飯の上に乗せて食べると何杯でもお変わりができるほど美味です。

 私は、寿司や刺身に付けて食べます。
 辛さは本わさびの1.5倍ありますので一度この味を覚えてしまうと本わさびで食べれなくなります。

 山わさびをおろしてたべるのが面倒な時は瓶入りが便利です。
 思いっきり食べれますょ。

 私的には上の「金印の山わさび」のプレーンが好きですが人により「醤油味」「味噌味」「海苔」「昆布」味を好む人もいますのでいろいろな種類があります。
 


山わさびを楽天市場で調べる

posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の山の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。