2009年05月09日

超簡単カレーうどん

 GW(ゴールデンウィーク)の手抜き料理第五弾です。

 業務用の安いレトルトカレーを使用してカレーうどんが作れます。



【調理方法】
1.盛り付けるときの丼で水を計り鍋に入れます。
  このとき、うどんが入りますので6分目くらいでしょうか。
2.ここに濃縮めんつゆを入れ味見をします。
  レトルトカレーに塩けが入っていますので甘めでOKです。
3.鍋を火にかけすぐレトルトカレーを入れます。
4.湯気が立ってきたらゆでうどんを入れほぐします。
5.少々固いですがつゆが絡むと解けてきます。
  カレー汁に浸す様にうどんをほぐします。
6.沸騰したらネギを入れ完成です。

 レトルトカレーでスパイシー感が不足するなと感じるときは「ガラムマサラ」を一さじいれると良いですょ。
 火を止める直前カレー粉を入れ全体にかき混ぜてから火を止めてもOKです。

 辛味が足りないときは一味唐辛子を入れると辛くなります。



業務用レトルトカレーを楽天市場で確認する


posted by キヤノネット at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 超手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

クレイジーソルトでスパイシー鳥焼

 GW(ゴールデンウィーク)の手抜き料理第四弾です。

 市販の、塩入スパイスを使用した鳥のステーキです。

 それは、「クレイジーソルト」という製品で岩塩にスパイスが配合されており、肉料理に何かと便利です。

 そこで冷凍庫に眠っていた鳥のむね肉を使用してスパイシー焼きを作ってみました。

 大好評でしたょ。



【調理方法】
1.鳥のむね肉を一口大に切る。
2.まな板に切った鶏肉を並べ「クレイジーソルト」を上からパラパラと振りかけ、手で全体を押さえる。
3.フライパンに軽く油をひき(マーブルコートやティファールの場合は油不要)、鶏肉を並べふたをする。
4.火が通れば完成。
  まだ中が生のときはレンジで2分くらいチンして火を通す。

 レストランで食べるチキンステーキみたいで美味ですょ。

 かけすぎるとちょっとしょっぱくなりますがスパイスがある程度カバーしてくれますので安心して使えますょ。


クレイジーソルトを楽天市場で確認する



posted by キヤノネット at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 超手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

キャベツのチャウダー

 GW(ゴールデンウィーク)の手抜き料理第三弾です。

 最近は熱い日が続きますがちょっと寒い時「温かいものが食べたい」なんて思いますよね。

 その時便利なのが「北海道クリームシチュー」を使用したキャベツのクリーム煮です。



【調理方法】(例)
1.キャベツを大きく乱切りにします。
2.玉ねぎを刻みます。
3.鍋に作りたい分量割少し少ない程度に水を入れ、ここにキャベツ、玉ねぎを入れ 、あればよいのですが「ハム」か「ベーコン」「ソーセージ」を入れます。(入れなくてもOK)
5.火にかけ沸騰したら一度火を止めます。
6.「北海道クリームシチュー」を適当に入れます。
  このとき、全体がうっすらと薄いクリーム色になった程度でOKで、まだサラサラしています。
7.「北海道クリームシチュー」が溶けたら火にかけ味見します。
  味見でほんの少し甘く感じる程度でOKです。
  少し塩けが足りないときは一つまみ塩を入れます。
  スープが薄くあまりクリームシチューの味がしないときは少し「北海道クリームシチュー」を足します。
  シチューですのでサラサラが正解でルーカレーみたいにならないように注意してください。

 ひと煮立ちしたら完成です。

 火からおろし少し経って塩けが足りないときは皿にとってから塩を一振りします。

 調理時間は、10分程度で完成です。

 キャベツも玉ねぎも生で食べれますし「ハム」「ベーコン」「ソーセージ」も温かくなる程度で食べれますので手早く調理完了ですょ。



ハウスの「北海道クリームシチュー」を楽天市場で確認する


posted by キヤノネット at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 超手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

ラムハヤシライス

 GW(ゴールデンウィーク)の手抜き料理第二弾です。

 先日どうしてもハヤシライスが食べたく家探しした処以前購入したデミグラ缶を見つけさっそくハヤシライスの作成に入りました。  



 冷蔵庫を調べると豚ひき肉と生ラム肉を発見!!
 だがどこを探しても牛肉は見つからず。

 考えてみれば北海道人ってあまり牛肉は食べないような..

 仕方がないので「生ラム肉」を使ったハヤシライスの製作に入りました。

【調理方法】(参考例)
1.ソースパンに水を500ml入れる。(ちょうど500mlのお茶の空きペットボトルがありこれで計量しました)
2.上のデミグラ缶には軽量スプーンが付いているのでこの計量スプーンを使用して14杯をソースパンに入れる。
3.この中に玉ねぎを乱切りして入れる。(15杯入れるとちょっとしょっぱくなりました)
4.長いスプーン等でかき混ぜます。
5.おもむろにレンジにかけて加熱する。
 加熱している間は柄の長いスプーン等でかき混ぜます。
6.沸騰したら「生ラム肉」を入れもうひと煮立ちしてから弱火にする。
  デミグラの粉が溶けるのを確認して味見する。
  甘いときはデミグラ缶から1杯追加する。
  温かいときは少し甘めでOKです。
  食べる時には十分塩けが出ますので。
7.何となくとろみとてかりが出たら完成!!
8.温かいごはんの上にかけます。

 この間調理時間10分から15分程度でおいしいラムハヤシライスの完成です。



生ラムを楽天市場で調べる

posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 超手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

長いものステーキ?

 GW(ゴールデンウィーク)の手抜き料理第一弾です。

 昨年、十勝産の長いもを箱で購入しました。

 今日、家庭菜園の道具を出すため地下に降りたところおがくずの中に長いもを発見!!

 皆さん長いもはどう食べていますか?

 「刻んだり」「すりおろしたり」ですか。



 今日は焼いて食べる方法をご紹介します。


【調理方法】
1.長いもの皮を剥く。
2.1センチ程度の厚さにスライス(輪切り)します。
3.ビニール袋に「片栗粉」を入れスライスした長いもを片栗粉にまぶします。 ビニール袋を使用してまぶすと散らからず片栗粉も無駄にならず、後かたずけも便利ですょ。
4.フライパンの底にに油で隠れる程度引き、後は焼くだけです。
5.ところどころがきつね色になりまだ白いところが半分残っているところで完了


 あとは、塩か醤油をかけて食べます。
 シャクシャク感がまだ残っていておいしいですよ。
 酒のつまみにも最適。

 変わり種としては、溶けるチーズやひき肉を練って載せたりして焼いてもおいしいです。

 長いもで3品できます。

 長いもは生でも食べれますので載せる具に火が通ればOKですょ。

 私は、「鮭節だし醤油」を付けて食べるのが好きです。



十勝産の長いもを楽天市場で調べる



ラベル:長いも 十勝産
posted by キヤノネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 超手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

とろろ昆布のお吸い物

 今回は。母の味を紹介します。

 タイトルの「とろろ昆布のお吸い物」として上品ですが、用はとろろ昆布のしょうゆ汁です。

作り方
 お椀にとろろ昆布を一つまみ入れます。
 そこに、小口切りの長ネギを少々しれます。
 昔は、うまみ調味料(小栗旬ではありませんが)を適量いれます。
 その上からしょうゆを適量いれ、熱湯を注ぐだけです。

 素朴ですが温かい汁物となりちょっとリッチ気分になります。

 単身赴任者や急にお吸い物が必要になったときに便利です。

利尻昆布

価格 525円

も良いですが、個人的には

がごめとろろ昆布

価格 1,000円

もお勧めです。



他のとろろ昆布を「楽天市場」で調べる...

posted by キヤノネット at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 超手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。